cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 何とかなるでしょ!!・・・・

<<   作成日時 : 2008/11/26 23:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

本格的な不況がやってきそうです
私の地域はチョット前まで自動車産業のおかげで、勝ち組地域と言われてましたが
特定の産業に偏っているだけに、そこが悪くなるとかえって相当キツイのではないかと思います
でも私の業界は医療という高い免許に守られて、割とのんびりしたものです
20代の介護の女性は
「不況って言っても、介護は大丈夫なんじゃない?」
と余裕かましてますが・・・・
大丈夫では絶対になーーーい
不況がくれば低賃金でキツイと言われるこの業界にも沢山の人が来て過当競争が始まるのに決まっている

私はこの世界に入るちょっと前、31歳〜32歳のころがどん底で生きていけないのではないか
そのくらい生活がキツイ時がありました
その時の経験から自分は仕事選ぶ時に一つの基準を持ち職探しをしました

それは

ちょっとした能力や資格が壁となり労働者の差別化が計れる業界に入ること

それで選んだのが、介護の世界だったのです・・・

資格というと、すぐ法律や税、PC系の資格を取ろうとする人が多いですが
この手の資格は勉強が難しいですしその業界にいる人たちも優秀な人が多いから
未経験からだとなかなか採用されません、結果、新卒採用中心なところが多いと思います

でも介護や看護の世界は働きながら資格の取得を目指す人が多いですし
必ずとも新卒採用中心なわけでもありません
そしてちょっとした努力が資格となり壁になってくれます

もう一つは介護は低賃金と言われてますが、これは新規参入者が入りずらいある意味強みになります
それは年収600万円を前提に生活している人は平均年収300万円の介護の世界にはなかなか入ってこないということ
年収300万(手取り年収250万)でも年間の生活費が150万なら30年で3000万貯金出来ます
でも年収600万で生活費が600万なら貯金が出来ません
これは家のローン、車のローンや子供の教育費などで生活の固定費が高いと生活水準を落としたくても落とせない
人が実際には沢山いるってこと
これもある意味強みです

なぜそのような事が起こるのかと言うと・・・・
それは
「不況って言っても、介護は大丈夫なんじゃない?」
って思う人が多いからです
つまり自分にはこの不況は関係ないよって・・・・
でもある日突然、自分が不況の真っ只中に入ってしまうことがあるってこと
その時リストラされ、新しい職を探す時に初めて、自分の能力と給料のギャップに気付くってことです

ですから、この不況の時はしたたかに仕事をしていきましょう
どんなに仕事が嫌でも給料が減らされても安易に辞めてはいけません
職場ではどんなに罵声を浴びてもガマンしましょう
そして心の中でアッカン(σ゚д`)ベーをしていればいいのです
仕事を辞める時は次が決まってから辞めればいいのです
そんなことよりコツコツ株や投資信託を買って早期配当生活に入りましょう(笑)

そして不況時は少しでも自分の価値を高めることが出来る仕事や業界を選ぶべきです
(目先の給料ではなく)

それが長い目で見たとき絶対後悔しない選択だと思います

介護の世界は私のような低賃金、ブラックな業界を知っている人間からしたら楽な仕事ですよ
おまけにこの世界の人はあまり向上心のある人が多くないですから、本当にありがたいことです
そんなに難しくないケアマネでも何回も落ちる人がゴロゴロいますしね

介護(∩´∀`)∩バンザ──イ
これ本当です



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
CUBさん、ケアマネなんですか?
ゆた
2015/12/09 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
何とかなるでしょ!!・・・・ cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる