cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 複利の話・・・その2 低所得労働者が絶対してはいけないこと

<<   作成日時 : 2009/02/17 21:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

私のような低所得労働者でも株である一定の財を貯めようと考えている人がいると思います
私のような無力な個人が株式で一定の成果を上げることが出来る唯一の方法
それが
時間を味方に付けること
つまり十分時間を掛け、複利の効果をしっかりと上げること
もう何度も言っていますが、それしかありません
複利の破壊力がいかに凄いか理解している人は案外少ないのではないのでしょうか

複利の話 より

そして、もう一つ大切な事があります
私たちの大切な時間を食い潰す、負の複利
つまり借金、ローンの事です
その中で悩んでしまう
最大の物、それが住宅ローン

複利的な考えを持つようになると、借金に抵抗を持つと思います
ただ住宅ローンは別、そう考える人も多いのではないでしょうか?
残念ながら、それは間違いだと思います

最近の住宅ローンの中には返済期間が30年は当たり前というものも結構あります

3000万円を 30年 金利3% 元利均等返済で払うとすると

月約126000円 合計で約4500万円支払います

つまり金利だけで1500万円

1500万なら半分の約750万の利子

利子のみでこれだけ払わなくてはなりません

それも30年間

賃貸も同じではないか?ローンが払い終われば家は自分の所有物になる
はたしてそうでしょうか?

私のような低賃金な労働者にとって、30年間安定的に仕事があるとはかぎりません
病気になるかもしれません
家は所有すれば仕事場も限られてしまう

最近当たり前のようにある30年ローン
冷静に考えれと凄くおかしくありません?

30歳にローンを組んで払い終わったらもう60歳ですよ・・・・・
一生借金を払い続けなくてはならない

そもそも日本のローンの歴史は100年ほど前からあるのですが、
本格的に始まったのは昭和40年代からだそうです
それ以前にもあったのですが、日本はまだお金があまりなく、銀行は企業の設備投資資金の方を優先し個人には殆ど回ってこなかったそうです

そのころのローンは大体
金利は7〜8% ローン期間も10年〜15年だったそうです

今より大分厳しいですよね

じゃあ、住宅ローンがなかった時はどうしていたかと言うと・・・
もちろん現金で家を買っていた

今老人ホームにいる80代、90代のおじいちゃん、おばあちゃんが若い時は家は現金で買っていたのです

当然そう簡単には買えないわけですから賃貸住まいが多かったと思います

ローン期間が昔に比べて2倍から3倍・・・・
そこまでして所有する良さがあるのでしょうか?
確かに高度成長時」の日本なら確実に住宅の価値は上がったでしょうが
今後は分かりません?・・・それより下がる可能性が高いのではないのでしょうか?

そう考えると、とてつもないリスクですよ・・・
頭金300万で2700万借りるとします
これは金融で言うところのレバレッチ10倍です・・・・
これで値上げりすれば良いのですが・・・・
値下がりすれば・・・・将来の金融資産が大幅に目減りしてしまうことになります

それだけではなく、本来、長期に渡り投資出来たはずのお金が借金の返済に回ってしまい
複利と言う時間を味方に付けることが出来ません

多分3000万のローンが組める人は
仮に賃貸に住んだとしても3000万以上の金融資産を作ることが容易に出来るのではないのでしょうか?

住宅を買うとはそれだけではありません
修繕費に維持費、税金にそれに保険・・・・

30年後には大幅なリフォームが必要かもしれません・・・
その時はもう高齢者ですよ・・・・

もう安易に住宅ローンを組むという、今まで日本では当たり前の行為自体を疑ってかかるのがいいのかも知れません

株式投資で成功する大切な条件の一つに

借金はしてはいけない・・・もしあるなら借金の返済を最優先にすべき!

これは実は当たり前の考えなのかも・・・・

借金は複利を敵に回す大変危険な行為なのだか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
僕は住宅はいい投資だと思います。老後に家賃を払うのは大変です。
あと、複利でいい商品は郵便局の定額貯金だよ。半年複利で10年間固定金利だしね。
僕は金利が上昇したら、間違いなく定額貯金に預けます。
金太郎
2009/02/18 12:30
こんばんは
今は、住宅ローンは短期固定や変動で組んでいる人が多いみたいです。繰上げ返済を計画的に行っている人も多いです。
団信があるし、三大疾病にかかったらローン払わなくてよかったり、いろいろな保険がついているものも多いからそれを考慮して現金を手元においてローン組んでいる方もいます。
亡くなったら、家と現金を同時に残せますからね。
人それぞれで、家族の有無にもよるかもですね。
トマト
2009/02/18 19:51
金太郎さんへ
老後に賃貸払うのそんなに大変だとは私は思いませんけど
もちろん貯金がゼロなら大変ですが
それよりローンを払い続ける方が大変ですよ・・・
私のような人間は
今後、安価な高齢者向けの賃貸住宅は大きなマーケットになると思います、介護保険と絡めて

90年以降18年間で最も利回りがいいのは本当は貯金なんですよね。あまり大きな声では言いませんが
元本割れは我慢出来ない人は定期貯金で全然問題ないと思います
私は3割ぐらい下落しても株に投資したいと思っているのでそっちにしますけど
kabu
2009/02/18 23:02
トマトさんこんばんは

今はローン組む時必ず生命保険入らないといけないのですよね・・・
やっぽり私は住宅ローンはリスクが高すぎます
失業したことがありますから、無職の時、借金があることに耐えれません・・

家を買うこと自体は人それぞれですから、絶対買わない方がいいとは言えませんけど
住宅ローンを返済することはある意味強制的に貯金して
住宅を取得することだと思うので
それはそれで良い方法ではないかと思います
ただ株など変動の激しい商品に投資するつもりなら
やはりローンがあることはそれなりにリスクがあるものだと理解していた方がいいのではないのでしょうか

私は株式投資を続けるリスクとローンのリスクが二つあるならローンのリスクは無い方が良いと個人的には思います・・・あくまで個人的にですよ


kabu
2009/02/18 23:12
こんな給料激減時代にローン組んでる人は本当大変だわな・・と思う。
ほんと あれって払い続けるの 大変だねえ
ずっと失業期間が無くて続けられる仕事と健康あってこそ、のもの
仕事と健康を失った時期がある身にすると とても危険な投資だと思います

むかし おうちを買えた人は本当に富裕層だけだったのだから
別に低所得者層が背伸びして買わなくてもいいと思うYO!
年をとって おうちが自分のものにやっとなったとき・・
今度はまた修繕が必要になるのは周り見ていてもわかりますしね
misia
2009/02/19 13:31
家を買う。
これ自体が何かブランドになっている気がしますね。
金融機関や住宅メーカーの言うがままというか…

天災などでどうなるか分からないし、減価償却していくものにローンを組むのには抵抗があります。

まぁ短期ローンならいいとは思います。
車のローンを1〜3年くらいで組むとか。
それ位ならまだ1歩譲って許せますけど、うん千万はちょっと…

家と車とタバコは金食い虫です。
家にお金をかけるなら家族にお金をかけて思い出を作る方が、よっぽど有意義な気がします。
貧乏人
2009/02/19 15:56
misiaさんへ
失業や病気を経験すると
人生は予想通りにならないもの
そう思うかも知れませんね
人生30年あれば必ず何かあると思います
最近の超長期ローン誰もおかしいと思わないのでしょうか?
家を買うのは悪いことだと思わないですが、やはり借金をしているのだと理解するべきだと思います

貧乏人さんへ
金銭や資産だけでなくいろいろリスクがあるものですよね
災害だけでなく、近所の土地開発やご近所付き合い
離婚とか仕事でも家から離れなれなくなるわけですから
ただローン終わり家は資産とだけは言えないかもです
ローンを払い続けるだけでも何十年もあるわけですから

家と車とタバコ無いとそれ以外にお金使っても結構貯まりますよね
私がそうですから・・・(笑)
kabu
2009/02/19 20:44
子無しで共働きで、マンション購入して、
とっても夫婦仲良く生活している人を知っています。
かなり裕福な生活しています。もう結婚生活10数年なのに
いまだにラブラブです。
正直、うらやましいです。家を買うのも悪くないと思ってしまいました。
貧乏氏
2009/02/19 21:40
>金利は7〜8% ローン期間も10年〜15年だったそうです

その頃におうちを買った 我々の親世代たちは 二軒持っている人も少なくないようです
ただ、、時代は右肩あがりのインフレでしたからね

たしかに月々のローンもきつかったであろうが雇用は安定し給料も毎年昇給して 
ローン支払い期間も短いし 今の三十年ローン組んだ間に もう一軒建てることができる余力があったんだろうなあ
と思います
それを見ていたバブル〜バブリー後の我が子世代は 自分たちも買えるって思っちゃうんですよ
でも、今はぜんぜん時代が違うのですけどねえ。。
年取ったら賃貸では貸してくれないとか言われますけど
あと数十年後はどうでしょうか?
げんに今だって片田舎は一戸建て住宅が余ってるんです
少し前 いきなりシングルマザーになった友人が必死に住む場所を探していたけど
案外 少し田舎に行くと空き家がゴロゴロしてて格安で貸してくれたようです
misia
2009/02/20 13:56
貧乏氏さんへ

持ち家も結婚も似ているところがありますね
一生を共にするなら経済的に割安であるってところが
本人が納得しているならどうであれ良い事です

misiaさんへ
持ち家って行為自体、本当は稀有な行為なのかもしれません
日本の高度成長期や今の中国など・・・
そもそも低成長だった戦前やもっと前は庶民は賃貸が当たり前でしたから
賃貸住宅は老後はあまり心配しなくてもいいと思うんですけどね
必ず余りますよ、もう東京圏以外は
ローンよりも貯金(投資)を続けて金融資産を増やすことが結局人生のリスクを減らせると思うのですが
庶民は・・・・
もちろん私のような低賃金な人間ならなおさらだと思いますよ

離婚は女性にとって人生最大のリスクです
日本では母子家庭のほとんど年収200万ほどです
私の母も離婚で苦労してますから
共働き、女性のキャリアアップは大賛成です
女性自身がその事に理解しているかも疑問ですが
kabu
2009/02/20 18:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
複利の話・・・その2 低所得労働者が絶対してはいけないこと cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる