cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 不確実な時代に生き残る方法

<<   作成日時 : 2011/04/21 21:29   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 2

橘玲氏がモーニングスターで今後のライフプランや生き方について簡潔で素晴しいインタビューをしています

作家・橘玲氏インタビュー(1)=震災で人生設計の「安全神話」崩壊より 

震災後しばらくブログが停止し、再開後に書かれたブログの内容からほんの少し心配してしまいましたが
その心配は杞憂のようです
この簡潔な記事には今後、必要となる知識が沢山書かれていると思います

少し抜粋してみます

・人的資本の喪失を懸念、会社依存に警鐘

経済的な側面から見れば、人生設計とは、自分が持っている『人的資本』と『金融資本』のポートフォリオをいかに管理するかという問題としてとらえられる。
一般に個人で500万円の貯金があればかなりの額だと思うが、それに比べてサラリーマンの生涯年収の合計は3億円と言われている。
それを人的資本と考えれば、金融資本よりも圧倒的に大きい。500万円の貯金をどうするかを真剣に考えるよりも、人的資本をどのように守り、増やすかを考えるべきだ

戦後の日本社会において、人生設計の最適ポートフォリオは、大きな会社に就職し、住宅ローンを借りてマイホームを購入し、定年まで勤め上げたあとは退職金と年金で優雅に生活することだとされてきた。
しかし、今やこれはリスクを『極大化』したポートフォリオになってしまった。
90年代以降、『会社神話(会社はつぶれない)』と『土地神話(地価は上がり続ける)』が崩壊し、『年金神話(国は破たんしない)』が揺らいでくると、これまで隠されていたリスクがあらわになってきた。
だがそれに代わる人生設計が見つからないから、人々はいまだにこの危険なポートフォリオにしがみついている

お金を稼ぐ市場は二つしかない・・・働いてお金を貰う労働市場、お金を運用してリターンを得る金融市場

簡潔ですがこれほど的確に本質を突いていることはないだろう、この人の作家としての能力の素晴しいところです

今後、給料を上げるうえで大切だと私が思うことを二つ

・共働きの大切さ
今後労働市場のリスク分散として共働きがとても有効で大切なことになると思う
手っ取り早く収入を上げることになるしリスクも分散される、一時期専業主婦願望の女性が増えていると書かれることがあったが、これからはこのような女性は駆逐されていくだろう
家計を連結して考えることがとても重要になると思う

・パラサイトの有効性
パラサイトといえば、自律しない人間と言われていたが、今後は親元に生活することは生活コストを引き下げる最高に有効な方法になると思う
特に世代間格差や待機児童問題を考えると親と生活してそれらを家族間で解消することが今後のライフスタイルで当たり前になると考えていい


・マイホームの保有リスクが顕在化

住宅ローンでマイホームを買うのは、経済的に見れば、レバレッジをかけて不動産に投資することだ。
不動産投資でもREIT(不動産投資信託)は投資対象が分散されているが、マイホームは卵を1つのかごに盛っているようなものだから、
信用取引で個別株を買っているのと同じで極めてハイリスクな投資法だ

・・・・ここでも問題は、リスク耐性の低い個人が不動産投資のリスクを最大化していることにある。
被災地の不動産をREITなどの機関投資家が保有し、個人に賃貸していたとすれば、震災の損害は多数の株主(REITの保有者)に分散されることになる。
このように考えれば、個人にとっては持家より賃貸の方が経済合理的だが、マイホームの夢を諦めるのはなかなか難しいだろう

投資の世界では当たり前だったであろう、住宅ローンはレバレッジをかけて不動産に投資すること、これを最初に投資本に書いた人が橘氏だと思う
不動産を買うということは家賃を払い続けるか所有して自分の物にするかそんな考え方しか持っていなかった自分にとってはかなり新鮮でした
今ではこの考え方に全面的に賛成しています
不動産を買う買わないとはリスクの所在が違うこと
そしてローンを組むことは自分の人生を不動産投資というリスクを取ること・・・もちろん成功すればそれだけのリターンはある

そして自分は投資ではレバレッジをかけないこと、それは当然住宅ローンはしないことになります

私は今後の日本では所得の低い人間は住宅を所有しない方がいいと思う
(当然ですが、不動産を所有した方が良いか賃貸が良いかは分かりません。それがわかるなら誰も苦労しませんから)

これに付け加えるとするなら
長期に維持費のかかる物は極力所有をしない
それは車と保険・・・逆に住宅、車、を所有することに喜びを感じる人は資産形成はなかなか難しいってことになると思う
保険も無意味に保険をかけていないと心配そんな人も同様だと思う

・震災がきっかけで目を背けていた問題が浮上

98年以降に増えた自殺者は40代、50代の男性が中心だ。
日本の不況はこれまで若者の非正規雇用やニートを中心に語られてきたが、一番大きなしわ寄せは中高年の男性に来ている。
40代を過ぎて倒産やリストラで仕事を失うと、人的資本も一緒になくしてしまうため、借金に依存しないと生活できなくなる。
問題の本質は年功序列や終身雇用といった閉鎖的な日本の労働慣行にあるのだから、金利規制で消費者金融を経営破たんに追い込んでも何も解決しないのは当たり前だ。
安定した会社で定年まで勤め上げるという、戦後の高度成長で最も理想的な人生設計とされてきたものが根底から崩壊してしまった。
震災をきっかけに日本の社会が変わっていくのではなく、今まで目を背けていた問題がいよいよ水面下から浮上してくる

これに関しては今の40代、50代はそうかもしれないが、今の20代や30代、そしてそれより下の世代が中年になるころには変わっているのではないかと思っている
特に今の20代はもうそんなエスカレーター式の人生なんか出来やしないと思っている人がかなりいることだろう
私自身もそんなもの全く期待していない、だから常に失業しても困らないように考えてきた
失業の恐怖から開放されようより 
セミリタイヤを目指す理由の一つがこの硬直化したくだらない労働市場に対する私なりの答えだと思っていただきたい
無理に働かなくてもいいじゃないってね

・税金を多く払っても日本の社会制度は変わらない

高齢化にともなって財政問題がこれからますます厳しくなるのは避けられない。
増税をするにしても国債を増発するにしても、これまでの既得権をすべて守ったまま被災者を援助することが果たして可能なのか。
幸いにも被災しなかった人達が少しずつ既得権を手放すことの方が、日本の社会にとって好ましく、より『正義』にかなうと思う

私もこの意見に大賛成ですが、残念ながら今の日本では無理だと思う
既得権者は既得権を手放さない・・・私が今、マスコミで流されている「頑張れ日本。心をひとつに」みたいな綺麗な言葉に共感出来な理由がこれです
既得権を手放さないなら自分自身で既得権のない分野を開拓していくか既得権者の生き方をマネしないことが生き残る道だと思っている
自分自身が自らのルールを作っていくこれしか日本は変わらないと思う
そして日本が経済的に行き詰っても生き残れる知恵をつけていく

・次なるブラックスワンに備え、「マイクロ法人」は有力な選択肢

自営業になれば必ず成功するわけではないが、日本で最も裕福な人達が成功した自営業者であるのは間違いない。
会社法の改正で法人化が容易になったのだから、自分1人で株式会社を設立・運営する『マイクロ法人』も有力な選択肢の1つだ

今後、マイクロ法人は増えていくかもしれない
私はマイクロ法人よりさらに小さなマイクロ自営業やマイクロフリーランスが激増していくと思っていくが
マイクロ自営業とかマイクロ自由業がドンドン増えていきそうより
ただ、給料を貰えないのなら自分で稼ぐって考え方は今後、とても重要になると思う
その理由の一つに日本はとても弱者に優しい社会にすでになっており、税制や社会保障を見ると自営でちまちま稼ぐ生き方が実はとても簡単に出来る社会になっているからだ
もちろん、それを可能にするにはローコストな生活を心がけることも重要な一つです

最後に投資はグローバルに世界に広く投資・・・これは忘れないように
お金は世界へ!!

この記事を読んで相変わらずの橘節で安心しました

これからの日本が不確定な社会になるのかもしれません
ただ、それは不安な時代かもしれませんが、チャンスの時代ともいえます
私はそれほど日本の未来に悲観していません、どんな時代になっても生き残る人間はいるだろうし幸福な人生を歩む人間もいると思います
もちろんですが、私はそっち側の人間になれるようしていきたいです
ブログもそんな感じのことを書いていきたいと思う
セミリタイヤに向けて、自由って素晴しいそんな感じです

4月は更新少ないですが、よろしくお願いします


ツイッターやってます

http://twitter.com/#!/cub_nomad

時々、つぶやいてます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3ページ目で「物価水準に合わせて年金支給額を減額すべきだ」とありますが、日本の物価は今後も下がっていくと橘玲氏は考えているのでしょうか?
あつのすけ
2011/04/22 18:44
あつのすけさん返事遅くなり申し訳ございません

>>日本の物価は今後も下がっていくと橘玲氏は考えているのでしょうか?

物価に合わせろってことだと思うので
今までがデフレなんだから下げるってことだと思うのですが・・・・
将来はインフレで年金は目減りするだろうと考えていると思いますよ
cub
2011/04/27 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
不確実な時代に生き残る方法 cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる