cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2020年東京オリンピックで起こるであろう労働市場についての雑感

<<   作成日時 : 2013/09/18 23:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

東京オリンピックが7年後に開催されます

いろいろなブログで7年後までにこんなこと出来たらいいな、こんな日本にしようよ・・と前向きな提言をされています

超後ろ向きブログの代表である、cubおじさんのブログでもオリンピックに向けて間違いなく日本で起こるであろう現象について書いておきたいと思います

少し前にKojirohさんのブログ「世界の始まりとハードボイルド U」の中の記事を紹介したのですが
肉体労働が再評価される時代より

今後、本格的なブルーワーカーの人手不足が起こると予測します

特に東北復興と東京オリンピックにより建設関係の需要急増により建設関係の労働者だけでなく、その周辺サービス業の人手不足・・・

・・・そして、玉突き的に団塊の世代の高齢化により介護業界の圧倒的な人手不足

これから10年・・・介護業界は20年は仕事にあぶれることはないのかもしれません

まさしく「ブルーカラー」の時代の到来です

資本主義は所詮、マーケットの需要と供給のバランスで決まるものです

ブラック企業を撲滅する最も簡単な方法は、規制や罰則で縛ることでなく
労働市場のバランスを崩して、人手不足にすることです

人が集まらないと泣き言をいう企業など必要ありません

人がほしいなら、金を出せ!!・・・それだけのことです

まぁ、賃金が上がるかは分かりませんが人手不足が続けば、無理な労働などする必要などありません

働きたい時に働く・・・とセミリタイヤ的な生き方が出来るかもしれません

介護なんぞ・・・もう、資格があって即戦力な経験があれば、どこでも採用されるでしょう

無理に地元で職を探す必要もありません

夏は北海道で働き・・・冬は沖縄で働く・・・そんな労働も可能になるかもしれませんね

これぞ、ノマド介護士ぞ

いやいや・・・それこそ高齢化は世界的に起こるのだから

海外のお金持ち相手の介護だって可能です

なんといっても日本のお家芸は「お・も・て・な・し」なんですから(笑)

まぁ、半分冗談にしても

ブラック業界で苦渋な選択をしていた人々は

「そろそろ・・・倍返し・・・いやいや十倍返しだ!!」

密かに爪を研いでしたたかに待っていましょう

介護業界は現在すでに人手不足感が凄いのですが、今後はどうなるのでしょうね

楽しみですね

ここで、働き方の一つとして、フルタイムで働くのでなく、ハーフタイム、クウォータータイム的な働き方を提案、実行していきたいと思います


セミリタイヤした時に時々、働いて生活の足しにする・・それをすることでより早くセミリタイアをする道を模索する

働きたい時に働き、休みたい時に休む

本当にいい時代になったものです

えっ、低コストな外国人労働者が社会を席巻するって!!
いいじゃないですか、それはそれで面白そうで、そんな社会でも生きていけるようするにはどうしたらいいか?
それすら考えていくのがこのブログの面白いところですから



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2020年東京オリンピックで起こるであろう労働市場についての雑感 cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる