cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 学生支援機構は素晴らしい制度です・・・悪いのは

<<   作成日時 : 2013/11/23 10:57   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

悪いのは卒業しても非正社員にしかなれないバカ大学に借金背負って行くあなたです



前回の記事と同様
アベノミクスで資産が増えたのは「投資した人」だけ?・・は当り前の話です
安易な格差が〜、貧困ビジネスが〜と社会批判をすれば問題解決、オッケーなイケダハヤト的な炎上ブロガーと同レベルの意見しか言えないマスコミや教授に対して書いておこうと思う

奨学金返還訴訟、8年で100倍 「厳しい取り立て、まるで貧困ビジネス」

日本学生支援機構の利息収入は232億円――奨学金はサラ金よりも悪質

上記の記事で中京大学の大内裕和教は奨学金制度は3%の利子を取り立てまるでサラ金のようでけしからんと言っていますが

ここで日本学生支援機構の学資ローン制度はどうなっているか検証してみましょう

ローンの種類は大きく分けて2種類あり、成績優秀者などに無利子に貸付ける
第一種奨学金

そして、多くの人が利用する利子付第二種奨学金

金利は固定型と変動型の2種類が選択出来ます

第二種奨学金の利子がどのくらいかというと

利息付き奨学金の貸与利率より

最新のデーターですと

固定型・・・0.89%
変動型・・・0.30%

これだけでなく、金利には3%の上限があり、当然ですが、就学中は返済義務はありません

投資をしている人やリテラシーが少しでもあれば、こえがどれだけ有利に借りているか理解出来るはずです

変動金利の場合今後どんなに金利が上昇しても3%を超えることはないのです
日本が破たんして100%の金利になっても3%なんですよ!!

殆ど、ただ当然で借りることが出来るのです

上記の大学の教授は誰が3%の金利を払っているか教えて頂きたいです
この10年で3%を超えた利子はないはずです

延滞利子のことを言っているのでしょうか?

借りな金は返すのが社会のルールですよ先生(笑)


★大切なことは教育にも市場原理を

ちょっと問題が起こると新自由主義だの小泉改革の制度だの言っていれば良いという風潮があるが、今後アベノミクスでも同様な問題が起こる可能性があります
(私はアベノミクスすべてが素晴らしいとは思っていません)
その時、責任のすべてを安倍政権のせいだの新自由主義のせいだの騒いでも問題は解決しません

大切なことは真っ当な批判をまずをすべきなのです

最大の問題は、卒業しても非正社員にしかなれないような教育しかしない大学には存在価値はないということです

大切なことなのでもう一度言っていきましょうか?

上記の記事程度のファイナンスの知識しかないバカ大学に借金背負ってまでいくことはないってことです


存在価値のない大学に補助金と言う名の税金を投入する必要はありません

まずは潰すべきです・・・それか、価値ある人材を作れるように大学は努力をまずすべきなのです

学生支援機構のローン制度は悪い制度ではありません

悪いのはバカな教授がふんぞり返っている無能な大学なのです

中京大学は恥ずかしいとまずは思うべきでしょう

そして、ローンで同大学に入学しようとする生徒に対して

「我が大学は借金を背負ってまで行く価値のない大学ですよ」

と・・・はっきり言うべきでしょう

せっかくの優れた制度がイケダハヤトレベルの意見で歪められるのは間違っていることです

狂った日本の奨学金制度:大学卒業のために「720万円の借金(利子付き)」を背負うのは自己責任?

★既得権の打破、これこそが日本復活の唯一の道

無能な教授が数千万も年収を稼ぐなどもってのほかです

このような既得権の中でぬくぬくと批判をしているのです

我々が引きずり下ろしましょう!!

それこそが長い目で日本が良くなる道です


学資ローンは住宅ローンやカーローンと並んで個人が出来る大きな借金です

借金とはレバレッジのことです、成功すれば大きなリターン、失敗すれば大きな損失になります

大学に行き人的資本を価値あるものにするのは正しいことです

ですから、学資ローンは悪い制度ではありません

但し、人的資本を価値あるものにするためのものであり、価値を上げれないのならただのハイリスクな投資になります

よく考えて利用しましょう

学資ローンについてリテラシーを上げたいならこの本を勧めます



橘さんの本が難しいと思う方は「タダで大学を卒業させる法 即効篇 知らないなんて、モッタイナイ!」は分かりやすく学資ローンの利用の仕方やお得な制度利用が書かれており良いと思いますよ

世の中、知っていると知らないでは大きく人生が変わります、強かに生きていきましょうぜい!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが良いこと言いますわ!
大学の価値って何なんでしょうね?
遊び覚えるために高いお金払って(--;)
金融に対する知識って必要ですよね(^^;
私のオススメ本はアメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書です。cabさんまたオススメ本ありましたら教えてくださいね♪よろしくm(__)m
ぴぴ
2013/11/23 18:36
cub さんの記事に同意。
そもそも、金がないなら頑張って国公立に行かざるを得ないはずなのに、私立に行こうとすることが間違っている。私立は金持ちが行くところと言う認識をもっと広めておかないと不幸な人が増えそう。

学生支援機構のローン制度は有利な制度だと私も思います。制度上の問題かなと思う点にコメントすると、昔は、連帯保証人、保証人を要求していたことがありました。連帯保証人はともかく、保証人はやり過ぎだと思いました。
p2
2013/11/23 21:45
ぴぴさんこんにちは

>>大学の価値って何なんでしょうね?

なんなんでしょうか(笑)
難しい質問ですね

>>私のオススメ本はアメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書です。cabさんまたオススメ本ありましたら教えてくださいね♪よろしくm(__)m

この本も良書ですね
昔、読んだことがあります

>>p2さんこんにちは

>>連帯保証人はともかく、保証人はやり過ぎだと思いました。

今でもありますよね

保証人は制度を廃止する話がありましたが、どうなったんでしょうか?

保証人廃止しても結局、信用の低い人の金利が上がるor借り入れが難しくなるだけだと思うけど難しい問題ですよね
cub
2013/11/26 13:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
学生支援機構は素晴らしい制度です・・・悪いのは cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる