cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS NISAの配当金、分配金の課税問題

<<   作成日時 : 2014/02/14 13:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

日経新聞より

NISA口座では売却益と配当金、分配金は非課税になると歌っていますが、配当金の受け取り方法によっては課税されてしまう問題があります

そして、この問題が一層、制度を複雑にしてしまっているところがあります

配当、分配金を非課税にするには受け取り方法を「株式数比例配分方式」にする必要があります・・・上記日経記事の3にあたります

株式数比例配分方式とは、証券会社で配当を受け取る方式です

もう一つの方法として「登録配当金受領口座方式」があります

登録配当金受領口座方式とは、指定した金融機関に配当金を振り込む方法です

NISA口座で配当金を非課税にするには株式数比例配分方式にしなければなりません
(証券会社の口座ごとに株式数比例配分方式と登録配当金受領口座方式にすることは出来ません一つの証券会社を株式数比例配分方式にするとすべての口座が株式数比例配分方式になります)

登録配当金受領口座方式や配当金領収書を銀行などに持ち込み配当を受け取る方法を取ると20%課税されてしまいます

これも5年〜6年ぐらい前まで登録配当金受領口座方式や配当金領収書方式しか出来なかったと思う

ですから、銀行口座などに配当を受け取る方式を取っている方は株式数比例配分方式に変更を忘れないようにしてください

・・・・・で

問題はここから

実は国内ETFでもJDRなどのETFなどは日本と海外に2重課税されています
普通は外国税額控除制度を利用して申告すれば外国に収めた税金分は戻ってくるのですが、この「外国税額控除制度」を利用するには配当の受け取り方式を「登録配当金受領口座方式」にしなくてはならないと決まりがあります

ですから、NISA口座でJDR方式の国内ETFなどを買うと2重課税問題を解決することが出来ません
2重課税問題を解決するために「登録配当金受領口座方式」を選択すると日本の20%の配当課税を受けることになる

しかし、証券会社によっては株式数比例配分方式でも外国税額控除が行われるところがあるようです

スープカレー三昧さんのブログより

iシェアーズETF 外国税額控除の必要なし!?

松井証券が可能のようですが・・・

ブログ内では当社では、「株式数比例配分方式」を選択されている場合でも、当該銘柄の配当金の受領方式は、「配当金領収証により郵便局等で受取る方式」となります。
そのため、外国税額控除が行われた金額を受取ります。

と書かれているのですが

読んでみても、今一しっくりしない

松井証券のみが配当が「配当金領収証により郵便局等で受取る方式」となっているのか?疑問です

それならば他の証券会社も同じではないか?

配当問題は複雑で正直、面倒だと考える人はJDRは避けた方が良いかもしれませんね

ちなみにiシェアーズETFの場合、米国で30%、日本で20%の税金が掛かるので、NISA口座でも30%の課税が掛かってしまう

・・・・今更何言ってんだ・・と言われそうですが、再検討が必要になりそうな税率ですね

ぶっちゃけ、ETFは日本株ETF以外はインデックス投信の方がずっと良い気がしてきましたわ

3割課税でしたら、新興国株投信とコストは殆ど変らないですし価格の乖離率など考えると投信で十分ですね

で・・・お前どうするの?と言われると

まぁ、今年はこのままいってみます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今更ながらNISA口座をどこで開設するか(NISAの問題点)
  2014年はNISAの開始の年でツレは既に開設済みなのですが、私はまだ開設していません。 聞けば税務署の手続きでNISA開設までに相当な時間がかかるようで、NISA口座開設申請時には投資熱が高かった気持ちが覚めてきている人もいるなどという話も聞きます。 2014年のスタートは、日経平均株価も下落傾向ですからいまいち盛り上がらないスタートという側面もありそうです。 ...続きを見る
30歳代からの資産運用〜人生設計と資産形...
2014/02/15 14:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。いつも楽しく拝見しております。私も介護業界(事務)に身をおく人間の一人です。投資も7年くらいでまだまだ勉強不足ですが、参考にさせてもらってます。また寄りますね。
moony
2014/02/14 19:46
松井証券でiシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)を持っています。
配当金32円に対して、受渡金額単価は25.5円としっかり20.3%程度引かれていました。
JDRは不明確なことが多いので、投信に逆リレーします。
しいたけを
2014/02/14 23:03
>>moonyさんこんばんは

>>こんばんわ。いつも楽しく拝見しております

こんなブログですが、ホント、ありがとうございます

>>投資も7年くらいでまだまだ勉強不足ですが、参考にさせてもらってます。また寄りますね。

私も投資をしながら学んでいます、こちらこそよろしくお願いします

>>しいたけをさんこんばんは

>>配当金32円に対して、受渡金額単価は25.5円としっかり20.3%程度引かれていました。

株式数比例配分方式だと申告しても戻ってこないですよね

それより、海外配当課税は複雑で私にはよく理解できないです

配当金は自分は少ないし、実際は面倒で放置になりそうなので

私もJDRより投信を中心にやっていくことにしました
cub
2014/02/18 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
NISAの配当金、分配金の課税問題 cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる