cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年2月 個人型確定拠出年金運用報告 20か月

<<   作成日時 : 2014/02/24 23:26   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像


時価評価 1781979円 +434620円


報告が遅くなりましたが、2月18日に新規購入分が約定されましたので、今月データを載せます

○●投資をしている金融商品○●

◆個人型確定拠出年金(個人型401k) 琉球銀行にて積立

野村DC外国株式インデックスMSCI-KOKUSAI
信託報酬年0.231%.(実質コスト年0.2618%)



◆終焉を迎えつつある国民年金基金

個人型確定拠出年金に興味のある人なら知っていると思いますが

社会保障控除のある年金にはもう一つ国民年金基金があります

個人型のみで月68000円まで積み立てることが出来ます

正確には

国民年金基金+個人型確定拠出年金を合わせて月68000円まで拠出できます

(半分は年金基金、半分は401kとすることなどが可能です)

この国民年金基金が4月から7%の掛け金の引き上げ

更に予定運用利回りを1.75%から1.5%へと引き下げが決まりました

この基金の保険料の値上げの最大の問題は

現在加入している人達の予定運用利回りの引き下げがなされていないこと

過去の高い運用4.5%〜5.5%がそのままである

そのため、必要な積立金は2012年度末で4兆2910億円必要なところ
不足金が1兆1487億円もあると完全な資金不足になっている

資産運用もかなりのアグレッシブで

国内債券 25%
外国債券(円ヘッジ)10%
国内株式 25%
外国債券 12%
外国株式    28%

となっています

わたしのインデックスでリスクとリターンを調べてみると(円ヘッジの外債がないので、国内債券にカウントします)

リターン4.5% リスク9.5%となっています

これなら確定拠出年金で、このようにポートフォリオを組めば、積立資金不足で将来どうなるかなど余分な心配などすることなく運用が出来ると思います
リスクは勿論ありますが、リターンもずっと高い

値下がりリスクが嫌なら、国内債券100%で運用すればいいと思う
リターンはずっと下がるが年金基金がどうなるか心配はしなくて済むはずです

このような状態ですから、当然、強制加入の国民年金と違い、任意加入である国民年金基金は新規加入者がドンドン減ってきています

そのためなのかは知りませんが、TVのCMや広告をほとんど見かけない確定拠出年金と違い、国民年金基金は頻繁にCMを流しています

勿論、高いギャラのタレント・・優香さんも付いてます

大幅な準備金の赤字なのにww

そういえば・・・NISAではCMで剛力彩芽さんを使ってますね

業者の儲からない確定拠出年金は当然ですが、タレントなど使ったCMなどいたしません!!

・・・とまぁ、日本の年金制度の縮図のような年金基金

個人的には加入は絶対に勧めませんし、もう駄目だろうと思うけど

結局、税金投入で問題の先送りをすんだろうと思いますね

ちなみに元本保証で1.5%は凄く低いと感じる方が多いでしょうが、個人向け10年変動国債でも0.4%ですから、これでも高いと思います

年金基金が行き詰まり、税金投入になれば、全加入者の強制支払予定額の大幅引き下げは十分あると思いますけどね

多分、今後の年金はすべて確定拠出型になっていくと思います

日経新聞では、現在20歳以上の人が年金を受給する世代になった時の支給水準は9か国の中で下から2番目

厚生省も「公的年金が減る一方、他国に比べて上乗せ年金や私的年金が乏しい」

と問題があることは分かっているようなので、今後は私的年金が拡充してい自己責任で年金を運用していくことになると思います

ちなみに、米国は401kで5兆ドル、IRAで5兆ドル、その他の年金が10兆ドル
と巨額な年金運用をなされています

それがインデックス投資の広がりになっているんでしょうから、今後、日本もそうなっていくでしょう

まずは日本で私的年金として最も優遇されている確定拠出年金を検討してみてはいかがでしょうか?

お勧めの金融機関は現在はこの3つです

口座手数料が安く、低コストな金融商品がそろっています

ブログ主と同じ金融商品を使っているのは野村証券

口座手数料が年間500円ほど琉球銀行より安くなっています

もう一つのお勧め金融機関はSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)です

格安な金融商品EXE-iに投資が出来るようになり
(実質コストはまだ不明なので正確なコストはわかりませんが)
運用資産50万円以上で口座維持手数料が最安値となっています


リスク資産に投資をしたくない方にお勧めな金融機関はスルガ銀行です

口座維持手数料は運用資産額に関係なくSBI証券と同じ最安値となっています



4金融機関の口座維持手数料

琉球銀行.6468円

野村証券.5952円

SBI証券..1956円(運用資産額50万円以上で残高50万未満は5736円)

スルガ銀行1956円


資産形成にはNISAより401kから始めるべきだと思います

将来の資産運用に是非、検討して下さい


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
国民年金支払う期間が延びたら、401kの支払う期間も延びるのかね?
http://www.47news.jp/smp/CN/201402/CN2014022601002412.html
プーアル茶
2014/02/27 17:20
プーアル茶さんこんにちは

国民年金が65歳まで支払うことになるなら、多分401kも65歳まで支払可能になっていくでしょうね

私は制度変更が進んでいくと思うので、運用も70歳まででなく死ぬまで可能になっていくんじゃないかと・・・
cub
2014/02/28 11:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年2月 個人型確定拠出年金運用報告 20か月 cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる