cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS インデックス投資は放置をしてもいいですが、確定拠出年金の口座は放置をしてはいけません

<<   作成日時 : 2014/09/07 17:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0



毎日新聞より・・・退職後、移行手続きせず

<確定拠出年金>積立金43万人が放置

 社員が掛け金を自己責任で運用する企業年金「確定拠出年金」(DC)のある会社を退職後、自分の積立金を放置している人が2013年度末時点で43万5677人に上ることが国民年金基金連合会の調べで明らかになった。10年前の47倍で、積立金の移行手続きをした人(41万8775人)を上回る。積立金は半年以上放置すれば運用されず、毎月管理手数料を引かれて老後の年金が減っていく。

・・・引用終わり

企業型確定拠出年金から個人型確定拠出年金へ移換しなくてはならない方は必ず手続きをしなくてはなりません

手続きが必要となる方とは

・企業型401kを運用する会社から独自の企業年金を運用する会社に転職したため企業型401kを続けることが出できない

・会社を退職し第一号被保険者

・専業主婦など第三号被保険者

・公務員になり共済年金制度に加入した方

このように手続きが必要にも関わらず移管手続きを6か月放置してしまうと

自動移換者となってしまい、今まで運用していた投資信託などが勝手に売却されてしまい、資金が現金に保管されてしまうため利子を付かず、加入期間にも加算されず、ただ毎月の口座手数料が取られてしまいます

そして、最悪の場合、60歳になったときに年金が受け取られなくなる可能性もあるとのこと

確定拠出年金HP 自動移換者の方へより
自動移換に係わる手数料

この移換後は2つの方法があり

個人型確定拠出年金に加入して毎月積み立てる・・加入者になる

積立はせず今ある資金のみで運用する・・・運用指図者になる

この2つの道があります

できれば、税制的にも優遇されていて、最低掛け金の5000円でも掛けていると加入期間にカウントされ公的年金等控除で優遇されますので運用を続けましょう

しかし・・そもそも年金に加入できない立場になってしまうのは大きな問題だと思います

この辺はNISA同様、制度変更をするべきでしょうね

単純にすべての人に確定拠出年金に加入できるようになれば良いと思います

それにしても、不思議で仕方がないのですが

これほど、年金問題が叫ばれているのに自分の年金に全く無頓着な人がこれほど多いとは

節約、節約と電気やガス、スーパーの安売りに血なまこになって家計簿付けている人は沢山いるのに、なぜ、税や社会保障などは気にしないのですかね

少し前でネットでもこんなこと書いている人が話題になりましたが

オレの 10 万円が、20 年掛けて溶けていくのをただ見届けるしかない件

こっちの方がずっと節約効果が大きいと思うのですが・・本当に不思議です

確かに制度が複雑で面倒かもしれませんが、ネット等で調べれることはできると思うのですけどね


勿体ない


そんなことで、当ブログの下のスペースにお勧めの金融機関と金融商品を紹介しておきました
(見づらくてごめんなさい・・やはり新しいブログを始めようかな・・・・)
(やはり見にくいのでブログ下の記事は削除しました)

コスト的にお得な会社も商品もそれほど多くないので選ぶのはそれほど困難ではないと思います

何度もブログで書いているのですが

お得な制度を利用して資産形成をしていきましょう

これからは、制度などを知っている人と知らない人では大きく差が開くと思います

上手に利用しましょう

ちなみに

私はこの制度のおかげで、ずっと所得税と住民税がゼロです

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インデックス投資は放置をしてもいいですが、確定拠出年金の口座は放置をしてはいけません cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる