cubの日記 

アクセスカウンタ

zoom RSS 個人型確定拠出年金の加入条件撤廃へ

<<   作成日時 : 2015/02/26 10:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

今国会で法改正がどうやら通りそうです

個人型確定拠出年金の加入条件撤廃へ 狙いは公務員 :R&I ファンド情報 :コラム :マーケット :日本経済新聞
個人型確定拠出年金の加入条件撤廃へ ...




いろいろ縛りがあり分かりにくい制度でしたが、今後は国民年金さえ払っていれば誰でも加入できる制度となる

これは間違いないようです

細かな掛け金には違いがあるようですが

確定拠出年金の制度変更の概要 もう誰もが利用可能に知らないでは許されない時代に cubの日記 コツコツ投資で2千万貯めました/ウェブリブログ



ここで、運用会社側の反応ですが

あまり期待していないとのことです

最大の理由が・・・儲からない

特に企業型DCは慢性の赤字撤退話しの噂が絶えない

個人型ももうすぐ最新のデータがアップされると思うのですが

まだ20万人ほどしか加入していないと思います

企業型の確定拠出年金の掛け金増額決定 個人型は・・・ cubの日記 コツコツ投資で2千万貯めました/ウェブリブログ



現存加入者数(平成26年3月末現在)

業務の状況|個人型確定拠出年金
現存加入者数(平成26年3月末現在) ...




老後の年金や今後の生き方に不安を訴える方がとても多いのですが

私的年金どころか公的年金もよく知らない方が驚くほど多いのも事実です

今後の資産形成はDC+NISAで十分だと思います

制度をフルに利用すれば今年は年間180万強、来年は200万円ほど毎年積み立てることが可能となります

これ以上資金のある方もいると思いますが・・


私もブログ上では個人型確定拠出年金とNISA制度を利用して資産形成をしていく予定&勧めていきます

それ以外の投資のもうけ話には一切加担するつもりはありませんので

クラウドファンティングやFX、ワイン投資・・・

株も短期売買のデイトレ、株主優待投資などに投資や勧めているお方は他のブログをお読みくださいませ

私は上記の投資法は個人投資家にとって大した利益を得ることができないどころか有害だと思っているので

それではまた

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
個人型401kには退職金控除があると思いますが、これが適用されるのは利益についてでしょうか?それとも口座内の金額でしょうか?
おそらく後者だと思うのですが、それだと運用期間が20年未満の場合で年額40万以上積み立てた場合、運用益が無くても課税されることになって不利ではありませんか?(運用益はゼロを想定)
もちろん運用中の所得税が得になるのは知っていますが。
もし勘違いしてたら教えていただけると幸いです。

レオ
2015/02/26 23:02
個人型確定拠出年金の加入者等(平成26年12月末現在)は
 ・第1号加入者 61,576名
 ・第2号加入者 144,782名
計206,358名 (資格喪失者を除く)
なかなか増えませんね。
(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/kyoshutsu/sekou.html)
良い制度だと思うし、今回の改定で加入資格者数が大幅に増えるはずなので、もっとPRしていただけると嬉しいし、そうなると商品にもさらに良いものが出そうなのですが。


いろいろでセカンドライフ
2015/02/27 14:54
レオさんこんにちは

>これが適用されるのは利益についてでしょうか?それとも口座内の金額でしょうか?

口座内の金額です

40万円以上払えば必ず税金が掛かるわけではありません

この辺は一概には言えないのですが、他の年金や所得によって課税額が違ってくるのでこれだとは言えません

ただ、おっしゃるように、年金収入他が多い時は、401k内の資産がマイナスの時も課税されることは今の税制ではあります


いろいろでセカンドライフさんへ

確定拠出年金制度はこれからの制度でしょうね

もっと加入が増えれば、金融機関も安定的な収入源になると思うのですが・・・

やはり、口座も持っているだけで手数料を取られるってのは、日本人には馴染みがないのかも・・

その辺が変われば普及する・・・のかなぁ
cub
2015/02/28 09:20
拠出した額はすべて所得控除というのが美味しいですよね。(通常の投資だと給与、つまり税引き後のお金から買い付けるわけで)
自分の場合は会社員なので年間27.6万の拠出のため、運用益がゼロの場合は、40万の退職所得控除の枠は余裕で余りますが、願わくば枠をはみ出して税金を払ってでも、運用がうまくいってほしいものです(笑)。(はみ出した分も所得が1/2になる優遇措置もありますし)

後、思わぬメリットとして、60歳まで引き出せない代わりに自己破産しても差し押されないのいうのはすごいですね(自己破産する予定はありませんが)
snufkin
2015/02/28 15:40
snufkinさんおはようございます

返事遅くなりごめんなさい

>運用益がゼロの場合は、40万の退職所得控除の枠は余裕で余りますが、

これ質問受けた時、疑問に思ったのですが

確定拠出年金は一時金で受け取り+年金形式の受け取りが可能ですから

40万円の退職控除枠より非課税枠が大きくなりますよね

他の収入にもよりあすが・・・

>60歳まで引き出せない代わりに自己破産しても差し押されないのいうのはすごいですね

YES、意外に知られていないのですが、公的年季Nになるので、生活保護も各種、行政サービスを受けることができますよね
cub
2015/03/04 08:20
退職所得控除枠ギリギリまで一時金で受け取り、残りを公的年金等控除枠ギリギリまで年金形式で受け取ったら、確かに非課税枠はさらに大きくなりますね。
60歳まで20年間拠出していたと仮定して、
40×20=800万、その後65歳になるまで年70万ずつ受け取ると350万、さらにその後70歳になるまで年120万ずつ受け取る600万で、計1750万ですかね。
ちなみに65歳以降は国民(厚生)年金も含めての非課税枠ですが、自分が受け取る時には支給開始は70歳くらいになってると見越しての計算です(笑)
snufkin
2015/03/05 23:15
snufkinさんおはようございます

確定拠出年金は一括+年金形式ができるので税控除枠を自分の好きなように設定できますね

ただ、制度変更が頻繁に行われているので将来はどうなるか?というリスクはあると思います

>年金も含めての非課税枠ですが、自分が受け取る時には支給開始は70歳くらいになってると見越しての計算です(笑

私も公的年金は70歳ぐらいで今の7割ぐらいのカットされているんじゃないかと考えています

年金は破綻しなければオッケーぐらいに思った方が精神的にいいかもしれませんね
cub
2015/03/07 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
個人型確定拠出年金の加入条件撤廃へ cubの日記 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる