バンガードが50本の海外 ETFを新規に取り扱い開始。あなたはETF派?私は投信派です

ETF

ニュースとしては古いですが・・・

バンガードが低コストな海外ETFの取り扱いを開始しました

水瀬さんのブログでいち早く取り上げていました

一挙50本のバンガードETFが取り扱い開始。何でもある、何でもあるよ! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)
水瀬 ...



SBI証券でも10日より購入可能のようになっています

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-




おおおお、すげーーーと感動もひとしおですが

私は購入見送りです

SBI証券は海外ETFの特定口座に対応していないのもありますが

正直、ETFは調べていくとまるで底なし沼のように私の頭では難しい・・・・

課税問題だけでなく、運用方法も現物株・先物・ETN(リンク債)方式など

例えば

国内ETFで MSCIコクサイ指数に連動する3つの商品

1550 MAXIS 海外株ETF 現物株運用

1680 日興 上場MSCIコク株 先物運用

1581 iシェアーズ先進国ETF JDR

どれがコスト的に有利なのかトラッキングエラーが本当に小さいのはどれか私には正確にわかりません

このようにETFは難しいです

実際問題、国内の割安なインデックス投信の方が実質コストは安いと思う

(海外ETFも100万円以上一括などしないと手数料負けしてしまうと思います)

ニッセイシリーズや野村DCシリーズなど

確かにセクター別投信やバリュー型インデックス投信ないですが

買い時や売り時など気にしないでドルコスト投信が可能な、投資信託の方が個人投資家にとって良いと思うのですが、皆さんはどうでしょうか

国内ETFは未だに売買が低くて流動的に問題がある・・・

国内で人気のETFは1570のレバレッジタイプと

どんだけ日本人ギャンブル好きなんや・・・

ETFで購入するならTopix連動タイプぐらいで十分

私のような資産が1000万円〜3000万円ぐらいなら投資信託で十分な気がします

勿論、海外ETFが悪いわけではありません

手間暇かけることに厭わないのならなんら問題がないと思います

私のブログでは株式などの投資は投資信託中心で資産形成をしていきますので

今後ともよろしくお願いします


・・・・まぁ、私も最初は海外ETFなどいろいろ購入したんですけどね(笑)

いろいろやってみて投資信託に落ち着きました



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

まいん
2015年02月12日 13:19
お久しぶりです。コツコツ積み立て継続中です。
ようやくNISAの口座ができまして、これからはこちらにも資金を投入していこうかと思っています。

低コストコツコツの強みがわかってきた気がします。
これからもマイペースに頑張ります。
いろいろでセカンドライフ
2015年02月13日 11:55
ついつい、バンガードがNISAで買えるんだ流動性悩まないでもよさそうだと感激してしまって。
売買手数料もキャッシュバック・配当に無税・5年過ぎても特定口座移行可能、なんて考えて。
為替手数料はFX経由で送金無料でできればなんて。
NISA以外の特定口座での購入でも、ポイントで売買手数料無料などを利用して入るんだけど。
でも、手間考えたら投信のほうが簡明ですよね。
仰られるようにドルコストできますし。
cub
2015年02月18日 20:43
まいんさんコメント遅くなりごめんなさい

>お久しぶりです

こんにちは

>コツコツ積み立て継続中です。

お互い頑張りましょう

>ようやくNISAの口座ができまして、これからはこちらにも資金を投入していこうかと思っています。

はい!!

>>低コストコツコツの強みがわかってきた気がします。

本当のコツコツ投資は市場の急落後も続けれる・・・だと思います


いろいろでセカンドライフさんもコメント遅くなりました

そうやって、いろいろ考えているのも楽しいんですよねー

・・・で、結局投信でいいやと(笑)

この記事へのトラックバック